ワーキングホリデー

ワーホリでローカルジョブをゲットするまでのロードマップを公開【オーストラリア】

こんにちはAkiです

 

僕のワーホリについて

ワーキングホリデーを考えている方へ、僕は2017年の3月から2018年の3月まで大学を休学してフィリピンに短期留学→オーストラリアのシドニーでワーキングホリデーに行きました。
皿洗い、キッチン、ウェイターの職業を日本食レストランで時給$11を経験した後にローカルのお店でバーテンダーとして時給$32で働いていました。同時にWeb会社で編集部でインターンシップ活動も。
後に日本に帰国し東京では英語を使う職場で新社会人がんばっています。(
IELTS6.0TOEIC850)という風変わりな経歴ですがお付き合いください。

 

今回は僕がオーストラリアのシドニーで1年間のワーキングホリデーに行った時に、ローカルジョブをゲットできるまでのロードマップを順を追って公開したいと思います。

追加で順次公開予定です〜

スポンサーリンク

オーストラリアでワーキングホリデーをするのにおすすめな出発時期【シドニー】

1、まず最初にワーキングホリデーに行く時期を決めましょう。今回はオーストラリアですが他の国にも言えることが書かれています。冬の時期に出発するのがオススメのその理由は?

 

ローカルジョブに必要な英語力はどれくらいか【僕の経験と考察】【ワーホリ】

2、次にローカルジョブで必要な英語力はどのくらいなのか考えてみましょう。僕がローカルジョブを得られたときの英語レベルを説明しています。英語力が足りなかったら努力するだけ、足りていたらさらに努力するだけです!

 

Casual?Part-Time?ワーホリの働き方について知ろう【オーストラリア】

3、働く上でも大切なこと。現地の働き方について勉強しよう。

 

スポンサーリンク

オーストラリアでワーホリするならGumtreeを使おう!【ローカル向け】

4、ここから実践編に入りますよー。オーストラリアのローカルジョブはGumtreeを使います。まずは登録をしましょう。登録は無料でできます。完全英語のサイトなので翻訳して使い方を説明してますよ。

 

ワーキングホリデーでローカルジョブの探し方【オーストラリア】

5、Gumtreeの登録が終わったら次は実際に申し込んでみよう!Gumtreeの求人は頻繁に投稿されているので日ごろからチェックするのがおすすめ。こちらも翻訳して仕事の探し方を説明していますよ。

 

オールラウンド?サンドイッチアーティスト?ワーホリで働くなら知っておきたい用語【オーストラリア】

6、現地の働く用語があるのでいくつかピックアップしてみた。知っておくといいかもです。

 

ローカルジョブをたくさんゲットできた僕のレジュメを大公開【ワーホリ】

7、仕事がなかなかゲットできない?それはもしかしたらレジュメが原因かもしれません。僕のレジュメを参考にもっとよくアピールできないか考えてみよう。ポイントは自分の能力をアピールすることです!

 

300枚以上配って分かったローカルジョブをゲットできるレジュメの配り方【ワーホリ】

8、レジュメ配りにもコツがあります。手当たり次第に配るよりも効率的な方法で仕事ゲットのチャンスを上げていきましょう!アホみたいにレジュメを300枚以上配って分かったコツがあります。

 

ワーホリの仕事探しで知っておきたいトライアルの心構えとその対策【オーストラリア】

8、レジュメを配って面接の次はトライアル(お試し労働)があります。要するに仕事ができるかできないかを判断されるテストです。本番ぶっつけで行くのもいいですが心構えと対策をしておきましょう。

 

ワーホリで初めてローカルジョブをゲット→仕事ができずクビになった話【こんなワーホリは嫌だ】

9、オーストラリアのシドニーにワーキングホリデーにて、いっしょうけんめい仕事を探し回って初めてゲットできたのですが、クビにされてしまいました。なぜクビにされてしまったのでしょう?クビになるまでの経緯をご説明したいと思います。そしてクビにならないためにはどうすればいいか考えてみました。

 

To be continued…

いかがでしたでしょうか。今後もみなさんにとって参考になる記事をがんばって書いていきますね。

 

ワーホリ前、ワーホリ中、ワーホリ後で英語の身につけ方

ワーホリ前(日本にいるとき)

・日本でシェアハウスに住む

ワーホリ前に英語を伸ばす方法で最も効果的なのは「いかに英語の環境の身を置けるか」ってこと。その上でシェアハウスで生活するのは良い方法です。オークハウスなら多国籍の環境の下で交流ができる。日本にいても英語環境を作り出せます。

24時間、無料の英会話空間です

【オークハウス】


また「良いシェアハウスの見つけ方」についても解説しています↓↓

住人目線から考えた!良いシェアハウスは◯◯がある?【失敗しないシェアハウス選び】 今回はこんな悩みを解決します。 English version↓↓ https://akiblog.info/share...

・フィリピン留学に行く

ワーホリ前に英語力をつけるなら断然、フィリピン留学がいいです。物価も安いし授業料も安いので留学費用もかなり抑えられる。僕はフィリピンのバギオにあるMonolという語学学校に2ヶ月通っていました。ここでワーホリ前に英語の土台をしっかりと築くことができます。TOEICは500→720、IELTSは4.0→6.0までのびました✨

2ヶ月以上の滞在が僕はおすすめです。悩んだらまず行動、オンラインで無料相談もできますよ!

世界32カ国から探せる語学留学予約サイトSchool With



ワーホリに行く飛行機代仕事が見つかるまでの宿代仕事が見つかるまでの食事代仕事探しに移動する交通費など、ある程度まとまったお金は事前に必要です。短期・単発のバイトをサクッと集めちゃいましょう。1ヶ月ぐらいでワーホリの資金は十分集まりますよ。
バイトに応募→働いたら、給料に加えて最大1万円のお祝い金がもらえる今だけの特典もあるのでチャンスです。


ワーホリ中(現地にいるとき)

・現地の語学学校に通う

現地で語学学校を通うことも英語を伸ばす上で重要なポイント。アイエス留学ネットワークでは現場に住むプロの方々に相談してもらえます。

アイエス留学ネットワーク


ワーホリの準備って?現地の語学学校の手続き?現地での働き方?など、
オーストラリア留学を現地で支援してくれます。
現地で無料留学相談や入学手続を代行してくれるので、めちゃくちゃ安心できて心強いです。とりあえず気軽に問い合わせしてみてもいいかもしれません。

 

・単語帳を勉強する

ワーホリ中も自分でコツコツと勉強をすることは大切です。DUO単語帳はネイティブの教授によって監修された単語帳なので自然な英語を勉強することができます。

ワーホリ中は海外にいるのでインプット(覚えた単語を)=アウトプット(現地で使うことができる)が同時に行えます

 

・海外ドラマを観る
僕より英語が上手い日本人の友達、現地の大学に正規留学している友達に共通して「海外ドラマ/海外映画」を毎日観ている人がほとんどでした。僕も「フレンズ」「glee」「ゴシップガール」などの海外ドラマを観ていましたね。自然と聞き取れるようになりますし、何より楽しみながら英語を学べる最高の方法だと思っています。

Hulu公式サイト

 

ワーホリ後も(日本に帰ってきたとき)

・日本でシェアハウスに住む

僕の経験なのですが日本に帰るとワーホリのときより英語力がガタ落ちします。笑

英語力をキープするためにもシェアハウスで住むことも一つの手かなと思いますね。

【オークハウス】

良いシェアハウスには共通して◯◯があることに気がつきました↓↓

住人目線から考えた!良いシェアハウスは◯◯がある?【失敗しないシェアハウス選び】 今回はこんな悩みを解決します。 English version↓↓ https://akiblog.info/share...


・英会話に通う

イングリッシュビレッジならどの曜日、時間帯も自由に入れることができるので帰国後の日本での忙しい週にも対応しています。マンツーマンでネイティブから英語を教えてもらう環境ってやっぱり大事。

【イングリッシュビレッジ】

 

TOEICを勉強する

日本ではTOEICが評価される事実。正直、TOEICスコア800以上持っていると就職の面接でかなり食いつきがよかったです笑(ワーホリしながらコツコツ勉強して帰国後にTOEICスコア850取得しました)

僕が850スコア以上取れた方法としては2つ

1、英単語をひたすら覚える

2、過去問を何度も解く

だけでした。本当に厳選した良本を紹介します。

 

読んでいただきありがとうございました。

いかがでしたでしょうか。

英語力を伸ばそうと努力をすることは、今からでもまったく遅くありません。

これを読んでいただいた方に、どうかアクションを取っていただけたら幸いです。この日を機に、自分の可能性を!

 

(P.S)ワーホリへ行く前に保険に加入することをお忘れなく、定番の保険会社はAIG損保ですね。
無料で資料を請求できます。

ワーキングホリデー用の保険ならAIG損保

スポンサーリンク
ABOUT ME
Aki
Aki
田舎好きの都会モノです。 大学を休学してワーキングホリデーに行ってました。今は銀座で頑張って社会人している。留学・ワーキングホリデーなどで知っているとちょっとおトクな体験談を語ります。