ワーキングホリデー

ワーホリの仕事探しで知っておきたいトライアルの心構えと対策【オーストラリア】

僕のワーホリについて

ワーキングホリデーを考えている方へ、僕は2017年の3月から2018年の3月まで大学を休学してフィリピンに短期留学→オーストラリアのシドニーでワーキングホリデーに行きました。
皿洗い、キッチン、ウェイターの職業を日本食レストランで時給$11を経験した後にローカルのお店でバーテンダーとして時給$32で働いていました。同時にWeb会社で編集部でインターンシップ活動も。
後に日本に帰国し東京では英語を使う職場で新社会人がんばっています。(
IELTS6.0TOEIC850)という風変わりな経歴ですがお付き合いください。

いかがワーホリお過ごしでしょうか

ワーキングホリデーでは仕事をゲットするときに「トライアル」という通過儀礼が必ずといっていいほどあります。

お試し労働、というやつでしょうか。実際に職場で2~3時間ほど働いて「こいつは仕事ができるかorできないか」が判断されるテストです。トライアルでの労働は給料が発生しないのが普通です。

(正直、トライアルはめちゃくちゃ緊張します。慣れない環境で100%英語環境のなかで働くんですから、、、僕もトライアル当日はビビりすぎて足取りが重かったです。)

仕事探し(レジュメ配り、Gumtreeなどのウェブサイト)

面接

トライアル

仕事ゲット!!

ワーホリで仕事をゲットするまでの流れはこんな感じ

道のりは厳しいです。

で・す・が、

ちゃんとした対策と心構えさえ持っていればゲットすることができます。

なので今回は「ワーホリで仕事をゲットしたい」という人にむけて

オーストラリアのローカルジョブでトライアルを何度も合格した僕の経験の下、仕事探しで知っておきたいトライアルの心構えと対策をご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

仕事探しで知っておきたいトライアルの心構えと対策をご紹介

トライアルの受かる基準とは・・・

トライアルが受かる基準はその店のオーナーが考える基準です。

つまり、お店のオーナーに気に入られればトライアルは受かります。

 

トライアルまでの事前準備

レジュメ配り→面接を受けたあと、トライアルの日程をオーナーを決め合います。それまでにできる準備をご説明します。

と、その前にレジュメの書き方&配り方も公開しているのでぜひ見ていってください↓↓

ワーホリでローカルジョブをたくさんゲットした僕のレジュメを大公開 ワーキングホリデー。どんな一年間になるだろう。 海外ならではの生活に楽しみが止まりませんよね!!😜 ワーキングホリデーとは ...
300枚以上配って分かったローカルジョブをゲットできるレジュメの配り方【ワーホリ】ワーキングホリデーで仕事を探す方法として働きたいお店に片っ端からレジュメ(履歴書)配っていきます。実際に300枚以上配りまくって分かったレジュメの作り方や配りのコツをガッツリ公開します...

 

お店のメニューをみて把握しておく(写真とっときましょう)

トライアル当日ではそのお店で働きます。なのでお店のメニューを把握しておくことが良いです。

覚えるのに越したことはないのですが、メニューで分からない単語とかないか調べておくことはとても有意義です。面接後にメニューの写真を撮っておいて家で勉強しておきましょう。

僕がバーテンダーを目指していた時はどのカクテルを提供しているのか、提供しているカクテルを完璧に作れるようにしていました。

 

スタッフの動きをみておく

そのお店のスタッフ=受かる基準です。オーナーが認めた人材がそのお店で働いているのでスタッフがどのような動きをして仕事の流れを進めているか把握しておくと当日のイメージがつくでしょう。当日はお店の雰囲気に自分を合わせましょう!

 

 

トライアル当日

集合時間より早めに着いておく

トライアル当日の決められた時間ピッタリに着いて「じゃあイキナリだけど、そこのお客さんからオーダーとってきて」と言われることもありパニックになりかねません。10分くらい前について店内の様子、雰囲気を確認しましょう。そのあとトイレで息を整えて「とにかく頑張ろう」というモチベーションにしていきましょう。何も分からないのは当たり前。「1分、1秒も、とにかく頑張ろう」という気持ちがトライアルでは一番大切なことです。

 

メモとペンを用意しよう

トライアルでは簡単にオーナーから仕事の流れを説明されます。必ずメモをとりましょう。仕事によってトライアル当日に何するか分かりませんが、僕の場合はトライアルでいきなりオリジナルカクテルのレシピを教えられて、メモを取って、作っていました。

 

とにかくキビキビ動く

「1分、1秒も、とにかく頑張ろう」という気持ちがあれば大丈夫。

とにかく止まらず、常に動きましょう。止まっている=仕事ができないヤツだと判断されちゃいます。。。

仕事がなければ「何か今できることはないですか?」とオーナーかスタッフに積極的に聞こう!

緊張して不安だと思いますが、ここは一つアドバイス。

「自分を大道芸人/役者だと思ってください」

大道芸人はストリートで大勢に見られているなかで手振り身振りを大きくして芸を魅せます。見られているときこそチャンスです。

トライアルでも同じで普段の自分よりも手振り身振りのアクションを大きく、そしてすばやく俊敏に動き回るのがポイントです。

 

声はハキハキと

英語ゆえに難しいと思うのですが大きな声でコミュニケーションを取りましょう。

自分の声のボリュームって意外と自分では気づかない部分があります。

個人的に思うのですが、日本人の英語は声がちっちゃいです。。。声が小さくても伝わる日本語がそういう仕組みなので仕方がないのですが、英語圏では別。声はハキハキと大きな声で返事&会話をするといいですよ!

 

職場仲間とコミュニケーションを必ず取ろう

オーナーは職場の仲間ともコミュニケーションが取れるかも見ています。誰ともコミュニケーションを取らず孤立して自分の仕事しかできないのは良くないですからね。

トライアルに入ったらまずは簡単な挨拶と自己紹介でもしておくといいです。スタッフの名前はメモをして一発で覚えておくと良いかも。分からないことがあればまず仲間であるスタッフに聞ける雰囲気を作っておくことがトライアル成功のコツ。また、世間話はトライアルの後半部分にして楽しく働けるとオーナーからの印象もバッチリです!

 

気持ち悪いほどの笑顔で

気持ち悪いほどの笑顔を続けましょう。これって日本人の武器だと思っていて、「おもてなし」って言葉でもあるように相手を気持ちよくさせる接客の基準は外国にはないと思います。

無愛想な表情で仕事をすると相手を不安にさせますし自分にも影響します。

笑顔を続けられる=笑顔ができるほどの余裕がある=仕事ができるヤツ。とオーナーからの印象も良く、トライアル成功の要因にもなるでしょう。

 

おつかれさまでした😌

そして2〜3時間後、オーナーから「お疲れ様、もう終わってイイよ」って言われ、トライアルが終了します。結果はメールとか電話で知らされる場合もありますが基本的にその場で伝えられます。受かったら自分を思いっきり褒めてあげましょう!

落ちてしまった場合は次に気持ちを切り替えていきましょう。でもなぜダメだったのか自分で考えてみましょう。落ちた理由をオーナーに聞くのも全然OKです。理由がわかったら次に活かしましょう!

(ちゃんと仕事をしていて落ちたって人はよっぽどのことがないとありません。おそらく英語力が足りないのが理由です…。)

 

 

いかがでしたでしょうか。トライアルは事前の対策と心構えをするとしないでは結果が大きくちがいます。快適なワーホリライフを送るために、何か一つでも参考になることがあれば幸いです。

 

読んでいただきましてありがとうございます。

ワーホリでローカルジョブをゲットするまでのロードマップを解説しています↓↓

ワーホリでローカルジョブをゲットするまでのロードマップを公開【オーストラリア】

 

 

スポンサーリンク
ABOUT ME
Aki
Aki
田舎好きの都会モノです。 大学を休学してワーキングホリデーに行ってました。今は銀座で頑張って社会人している。留学・ワーキングホリデーなどで知っているとちょっとおトクな体験談を語ります。