ワーキングホリデー

オールラウンド?サンドイッチアーティスト?ワーホリで働くなら知っておきたい用語【オーストラリア】

こんにちはAkiです。

オーストラリアでワーホリを始めました。

さっそくローカルでの仕事をゲットすべくGumtreeをみていると・・・

 

🤔「ん?オールラウンダー??」

 

🤔「んん?サンドイッチアーティスト??」

 

🤔「・・・なんだよこれ!?」

と思った方へ!

今回はワーホリで働くなら知っておきたい用語をご紹介します!

 

僕のワーホリ経歴

ワーキングホリデーを考えている方へ、akiblogこと私は在学中の就職活動で心が折れて大学を休学、フィリピンに短期留学オーストラリアのシドニーでワーキングホリデーに行きました。

皿洗い、キッチン、ウェイターの職業を日本食レストランで時給$11の下積みを経験した後にローカルジョブバーテンダーとして時給$32で働いていました。同時に現地Web会社の編集部でインターンシップもしていました。

帰国した後の就活では有難いことに評価され、今は東京で英語を使いながら社会人がんばっています。(IELTS6.0TOEIC850)という風変わりな経歴ですがお付き合いください。

 

All-rounder

意:「なんでもできる人」。

バリスタの仕事でよく求められる単語であり、コーヒーを作るのも、お客さんから注文を取りに行くのも、レジで立つのも、ケーキやクッキーなどのお菓子を作るのも、掃除をするのも、ぜーんぶできるのがAll-rounderです。

 

スポンサーリンク

Bar Attendant

バーテンダーのことです。

僕はワーホリ中にバーテンダーになりたくて、経験ゼロの状態から目指しました。

給料もよく、何よりカッコイイ。マジでおすすめの仕事です。

僕が未経験の状態からローカルのバーテンダーで働けることができた理由(経緯)は後日にて記事書けるといいな・・・。

(後日:書きました↓↓)

ワーホリでバーテンダーになるために参考になったおすすめYoutubeチャンネルをご紹介【ワーホリ】こんにちはAkiです。 今回はワーホリでオーストラリアに行った僕が、ローカルのバーテンダーになるためにめちゃくちゃ参考になったYo...

 

Bar Back

バーテンダーにも2種類あります。

表でお酒を作るバーテンダーと裏で働くのがBar backの存在です。

Bar backは主にバーテンダーのサポーターです。

少なくなった飲み物を足したり、カクテルに必要なレモンやライムを準備したり、氷が少なくなってきたら足したり。

バーテンダーのように華麗な仕事でもありませんが、Bar backがいないとバーは成り立ちません。大切な役割です。

 

スポンサーリンク

BarとPubのちがい

意外と知らない違いについて。

PubPublic houseといい、「社交の場」という意味です。

飲むというだけにこだわりません。お食事もあるしビールだけでなくワイン、ソフトドリンクもあります。あくまでも「社交の場」ですので親が同伴であれば子供も入店することができる。さきほど述べたGamingはパブで働けます。

 

Barはお酒を飲むだけの場所です。

ビールだけでなくワイン、カクテルなど多様なお酒を楽しめることができる場所。「社交の場」ではないのでパブのようにオープンな環境ではなく、クローズドな環境。恋人や友達としっとり飲むような場です。

 

Baker

パン屋です

 

Casher

レジ係です。お金の計算をすばやく、丁寧にやりとりするのが大切。

 

スポンサーリンク

Experienced

意:経験をもった。という意味です。過去の職歴で経験したことがあるかの有無ですね。

シェフやバリスタ、バーテンダーなどの職業で求められることが多いです。

最低◯年以上と問われることも多いですね。

 

Gaming

僕が一番おすすめの職業です。(働きたかったけどチャンスがなかった)

オーストラリアにはスロットマシーンがあるパブ、カジノが数多くあるのですが、そこでお酒を提供したり、ギャンブルで金銭のやりとりをするスタッフのことをGamingといいます。Gaming Attendantともいいますね。

なぜおすすめかというと給料がハンパないからです。中国人の友達が3日で$120010万相当)を給料で得たこともあります

その理由は後日にて記事書けるといいな・・・。

 

スポンサーリンク

Kitchen Hand

キッチンの裏方です。シェフが料理を作る上で必要な具材を準備したり、時には調理をしたり、お皿を洗ったり、忙しいときはお客さんに提供したりもします。僕もキッチンハンドの経験があるのですが楽しいですよ。忙しいけどみんな仲良いし、余った具材をつまみぐいしたりしてたし・・・。笑

 

Sandwich Artist

「さんどいっちあーてぃすと?」思う方もいるかといるかと。

実はサブウェイで働いてるスタッフのことを言っているんですね。バリュエーション豊かな具材とこだわりにこだわったパンの種類、多種多様なドレッシングで編みだされるサンドイッチはまさに「アート」。僕もサブウェイで働いていたことがあるのですが納得です。

 

Supervisor

意:上司。

ここではお店のチームリーダーを指します。ボスとも言う。会社があって何店舗かある場合はそれぞれの店舗にボスがいますよね、そいういうことです。

 

Sushi Maker

寿司職人を指します。この語源が存在するのも日本食がオーストラリアで流行っていることを指名していますよね。修行しないとできない仕事ですよね。

 

Sushi Roll Maker

こっちは逆に誰でもできたりするSushi roll maker。いわゆる手巻き寿司をつくる人です。オーストラリアには手巻き寿司専門店がたくさんあります。

 

Waitperson

ウェイター、ウェイトレスのことです。レストランなどで働きますね

 

24/7

ちょっと番外編ですがみなさん意味を知ってます?

24/724時間、7日間という意味で年中無休の営業時間ってことです。コンビニとかで言われますよね。

 

いかがでしたでしょうか。ご参考になれば嬉しいです。

 

ワーホリ前、ワーホリ中で英語の身につけ方

僕が思っている結論なのですが、

英語力があればあるほど、ワーホリは楽しいです。

英語ができれば仕事も人間関係も、恋人も、すべての環境が上手くいきます、約束します。

おせっかいな僕がここまで読んでくれた人だけに

・ワーホリ前(日本のとき)

・ワーホリ中(現地のとき)

それぞれの時期で英語を伸ばす方法や勉強法、学習ツールについてまとめてみました。

ぜひ参考にして自分に合ったやり方で英語を伸ばしてくださいね↓↓

 

ワーホリ前(日本にいるとき)

①フィリピン留学に行って一気に英語力を上げる

ワーホリ前に英語力をつけるなら結論、フィリピン留学がいいです。物価も授業料も安いので留学費用もかなり抑えられます。

僕はフィリピンのバギオにあるMonol Inernational Education Instituteに2ヶ月通っていました。

毎日9時間以上みっちり勉強ができる環境なので、ワーホリ前に英語の土台をしっかりと築き、TOEICは500→750、IELTSは4.0→6.5までのびました✨

英語が抜群に伸ばしている人のほとんどはフィリピン留学に通っています。悩んだらまず行動!留学エージェントのスクールウィズでオンラインで無料相談もできますよ。

 

 

②ゲストハウスで英語を学びながら渡航費を貯める

飛行機代ビザ申請料、海外保険、語学学校の費用など、ある程度まとまったお金は事前に必要です。

お金を貯めるために色んなアルバイトがありますが、僕が一番オススメなのはゲストハウスです。

実際に僕もゲストハウスでアルバイトして貯めていました。

理由としては

・宿泊者が外国人なので、英語環境に身を置ける

・夜勤もあるのでかなり稼げる

・ホテルと違ってお客さんとの距離が近く、フランクな英語が話せる

・若いお客さんと友達になれたり、ワーホリする国の人から現地の有益な情報が聞ける

求人サイトの有名どころであれば、タウンワークシゴト.in バイトフロム・エーナビとかではないでしょうか。

求人サイトで「ゲストハウス」、「ホステル」とかで調べるとヒットしますよ

ただ、人気職でもあるので見つけたら片っぱしから応募していくのを推奨しますね。

 

③オンライン英会話アプリ

英語を勉強する時間がない…。という方はオンライン英会話がおすすめです。

スタディサプリENGLISH(新日常英会話コース)ではスマホを使ってワーホリする上で大切な「話す」をフォーカスに英語を学べます。1レッスン3分なので通学中や通勤中のスキマ時間を上手く使って英語が上達できます。

通勤、通学などやスキマ時間がある人ほどチャンスです

今だけ7日間の無料体験がやっているので試しにやってみてもいいかもしれませんね。

スタディサプリ公式サイト

 

④日本でシェアハウスに住む

ワーホリ前に英語を伸ばす方法で最も効果的なのは「いかに英語の環境の身を置けるか」ってことだけ。その上でシェアハウスで生活するのは良い方法です。

オークハウス なら多国籍の環境の下で交流ができるので、日本にいても英語環境を作り出せます。

24時間、無料の英会話空間です

また「良いシェアハウスの見つけ方」についても解説しています↓↓

住人目線から考えた!良いシェアハウスは◯◯がある?【失敗しないシェアハウス選び】 今回はこんな悩みを解決します。 English version↓↓ https://akiblog.info/share...

 

 

ワーホリ中(現地にいるとき)

①現地の語学学校に通う

現地で語学学校を通うことも英語を伸ばす上で重要なポイント。

独断で現地の語学学校を探すのはハズレがあったり、かなりリスクがあります。

アイエス留学ネットワークでは現場に住むプロの方々に相談しましょう。

他にもワーホリの準備・現地の語学学校の手続き・現地での働き方など、
オーストラリア留学を現地で支援してくれます。

現地で無料留学相談や入学手続を代行してくれるので、めちゃくちゃ安心できて心強いです。気軽に問い合わせしてみてもいいかもしれません。

 

 

②海外ドラマを毎日1本観る

僕より英語が上手い友達、海外の大学に正規留学している友達は共通して「海外ドラマ/海外映画」を毎日観ている人がほとんどでした。

僕も見習ってHuluで「フレンズ」「glee」「ゴシップガール」などの海外ドラマを観るようにしていました。今は自然と英語が聞き取れるようになりますし、何より楽しみながら英語を学べる最高の方法だと思っています。Huluは海外ドラマが充実していることで有名です。

Hulu公式サイト

 

 

③マッチングサイトで外国人の彼氏/彼女を作る

いちばん英語が伸びる方法として思うのは

外国人の彼氏/彼女を作ることだと思います。笑

僕もフィリピンの彼女がいたときが一番英語が伸びました。だって四六時中も彼女と連絡したり、会話したりしますから…そりゃ嫌でも英語使いますもんね。

ぜひ使っていただきたいのが今流行りの「マッチングアプリ」。Pairsは出身地・居住地の検索で海外の人と出会えちゃいます。検索できる国は190ヵ国以上は魅力的。

彼氏/彼女とまでは行かないけど「外国人の友達がほしい!」って理由も全然アリだと思います。上手く活用してみては?

ペアーズ

 

 

④英単語帳を勉強する

ワーホリ中もコツコツと勉強をすることは大切です。

DUO英単語帳はネイティブの教授によって監修された単語帳なので自然な英語を勉強することができます↓↓

純ジャパでありながらオーストラリアの大学院を卒業し、海外就職、永住権保持。TOEIC満点、英検1級、IELTS8.5も取得したAtsueigoさんが監修した英単語帳「Distinction」もおすすめです↓↓

ワーホリ中は海外にいるので、インプット(覚えた単語)=アウトプット(現地で実際に使う)が同時に行える素晴らしい環境にいるんですよ!?

日々の積み重ねが大切よ!

 

読んでいただきありがとうございました。

いかがでしたでしょうか?

英語力を伸ばそうと努力をすることは、今からでもまったく遅くありません。

これを読んでいただいた方に、どうかアクションを取っていただけたら幸いです。この日を機に、自分の可能性を!

ワーホリから帰国すると英語力はガタ落ちします。そうならないために日本でも英語を伸ばす方法についてまとめました↓↓

ワーホリ帰国後の英語を伸ばすためのオススメ方法まとめ【実践済み】 今回はこの悩みを解決します。 ワーホリから帰国すると英語力がガタ落ちします みなさんはワーホリから帰国した後の英語をどう...

 

レジュメの書き方から仕事探し、出勤日の当日までワーキングホリデーでローカルジョブをゲットできるまでの手順を紹介しています↓↓

ワーホリでローカルジョブをゲットするまでのロードマップを公開【オーストラリア】 今回は僕がオーストラリアのシドニーで1年間のワーキングホリデーに行った時に、ローカルジョブをゲットできるまで...

 

オーストラリアでローカルのバーテンダーをしていました。未経験からバーテンダーのなり方について手順を説明しています↓↓

ワーホリでバーテンダーになるためのロードマップを公開【ワーキングホリデー】 今回は僕がオーストラリアのシドニーで1年間のワーキングホリデーに行った時に、バーテンダーのお仕事をしていました。   ワーホ...

 

ワーホリ出発の1年前、6ヶ月前、3ヶ月前、1ヶ月前、1週間前からできる準備リストをまとめました↓↓

これで安心!ワーホリ出発前に準備すべきことまとめこんにちはAkiです。 というお悩みにお答えします。 上記で述べた経歴の通りですが、 僕はオーストラリアのワーホリに1年間...

 

ワーホリ出発前に忘れ物はないですか?持ち物リストをまとめました↓↓

経験者が語る!ワーキングホリデーで必要な持ち物リスト【保存版】こんにちはAkiです。 という悩みにお答えします。 ワーホリの準備はもうお済みですか? 1年以上は海外で生活するワーホリを...

 

スポンサーリンク
ABOUT ME
Aki
Aki
田舎好きの都会モノです。 大学を休学してワーキングホリデーに行ってました。今は銀座で頑張って社会人している。留学・ワーキングホリデーなどで知っているとちょっとおトクな体験談を語ります。