ワーキングホリデー

経験者がおすすめする!ワーホリ出発3ヶ月前に準備すべきこと

こんにちはAkiです。

ワーホリ出発まで3ヶ月あるけど、何すればいいのか分からない

というお悩みにお答えします。


前回記事「ワーホリの出発6ヶ月前にやるべきこと」でご紹介した内容がコチラ↓↓

フィリピンの語学学校に通う

パスポートを取得する

出発前に必要な資金を貯める

経験者がおすすめする!ワーホリ出発6ヶ月前に準備すべきことこんにちはAkiです。 というお悩みにお答えします。 前回記事「ワーホリの出発1年前にやるべきこと」でご紹介した内容...

 

僕のワーホリ経歴

ワーキングホリデーを考えている方へ、akiblogこと私は在学中の就職活動で心が折れて大学を休学、フィリピンに短期留学オーストラリアのシドニーでワーキングホリデーに行きました。

皿洗い、キッチン、ウェイターの職業を日本食レストランで時給$11の下積みを経験した後にローカルジョブバーテンダーとして時給$32で働いていました。同時に現地Web会社の編集部でインターンシップもしていました。

帰国した後の就活では有難いことに評価され、今は東京で英語を使いながら社会人がんばっています。(IELTS6.0TOEIC850)という風変わりな経歴ですがお付き合いください。

上記で述べた経歴の通りですが、

僕はオーストラリアのワーホリに1年間行ってたのですが、ワーホリの準備ってかなり多いんですよね。

パスポートや航空券、保険や現地の宿探し、ビザの取得などなど

出発直前になって「あっ!忘れてた!」とバタバタしたまま日本を出国した経験がありまして💦

事前に「やっておけばよかったなあ」と思うことがたくさんあります。

ワーホリ出発前日まで何をすべきなのか気になりますよね?

今回はワーホリ出発まで3ヶ月前に準備すべきことをご紹介したいと思います!

ワーホリくん
ワーホリくん
半年前にワーホリしていたけど、出発3ヶ月前に準備するべきことについてアドバイスするよ

ワーホリちゃん
ワーホリちゃん
今現在ワーホリ中だけど、出発3ヶ月前に準備するべきことについて教えてあげるわ

そうなんです。

今回の紹介する内容は僕だけでなく、ワーホリ友達にも聞いて周った内容なので、ワーホリを考えている人にはかなりオススメの記事となっています。

ここにボックスタイトルを入力

航空券の購入

留学センターで相談する

現地の語学学校を探す

そして次回からの記事では出発1ヶ月前、1週間前、現地に着いてからと時期別にご紹介していく予定です。

なのでこの記事を読めばワーホリの準備がしっかりできる内容になっています!

航空券の購入

渡航日がある程度決まったら、次は航空券の予約です。

航空券は「行き」の片道だけ購入で大丈夫です。

滞在中に病気になっちゃったり、ホームシックで予定より早く帰ったなんてこともあります。

1年以上先の帰国日なんて誰にも分からないですし、帰りのチケットは後で考えましょう。

片道切符って響きオシャレですよね

また、3ヶ月前に航空券の購入を推奨する理由としては

航空券が安く購入できるタイミングだからです。

 

ここでは旅行代理店を頼まずに、自分で航空券を購入するツール、ポイント、各国の路線紹介をしたいと思います。

航空券購入ツール

航空券の購入にも色んな旅行代理店やウェブサイトが存在します。

結論から述べると、スカイスキャナーで購入するのを推奨します。

スカイスキャナー(Skyscanner)は航空券の検索もカンタンできますし、航空券の比較もめちゃくちゃ分かりやすいので最安価格で調べることができます。

僕も航空券を購入するときは絶対にスカイスキャナーですね

 

航空券の購入時期

航空券の購入時期ですが出発の3ヶ月以上前に購入するのが安いとされています。

(市場の変動によって必ずしも言えるわけではありません)


こんな感じのイメージです↑↑

また、出発の1ヶ月を切ると価格がものすごく高くなるのでご注意ください💦

出発時期が決まれば早い段階で航空券を押さえておくことを推奨します。

 

(P.S)
購入の3ヶ月前と1ヶ月前ではどれほど値段が違うのか検証しました。

日本ーシドニー(オーストラリア)で例を挙げますと↓↓

3ヶ月前の値段・・・29,610

1ヶ月前の値段・・・38,350

でした。

 

人気渡航先のLCC紹介

近頃ではLCC(格安航空会社)も増えてきて、利用する人も増えてきました。できるだけ航空券は安く抑えて他に回したいワーホリメーカーにとっては嬉しいことだと思います。

ここではワーホリの人気渡航先オーストラリア/カナダ/ニュージーランド/イギリス各国のLCC(格安航空会社)をご紹介したいと思います。

オーストラリア

オーストラリア渡航時によく使われるLCC

・ジェットスター

・エアアジア

・スクート

が有名です。

ニュージーランド

ニュージーランド渡航時によく使われるLCC

・ジェットスター

・中国東方航空

が有名です。

カナダ

カナダ渡航時によく使われるLCCは無く、大手航空会社のみでした

その中でも安いのが

・中国東方航空

・エヴァエアー

・デルタ航空

が有名です。

イギリス

イギリス渡航時によく使われるLCCは無く、大手航空会社のみでした

その中でも安いのが

・フィリピン航空

・マレーシア航空

・アシアナ航空

が有名です。

 

LCCによくみられる預け入れ荷物の追加料金

飛行機で預ける荷物には手荷物、預け入れ荷物があります。

手荷物・・・機内に持ち込めるので取り出したい荷物は手荷物の中に入れましょう。パソコンやカメラなど貴重品、電子機器も手荷物と一緒にしておきましょう。

*預け入れ荷物・・・皆さんのがいる機内の下に積み込まれ一度預けると到着するまで取り出すことができません。取り出す必要の無い服や本などは預け入れ荷物の中に入れましょう。

*この預け入れ荷物は基本、無料ですが、LCC(格安航空会社)の場合は料金が発生します。

ジェットスターを例に挙げると約10,000円で20kgの預入荷物が可能。

その後、1kgごとに1,500円の超過料金が発生します。

僕がワーホリに行ったスーツケースの重量は21kgでしたね

 

スポンサーリンク

留学センターで相談する

インターネットや僕のブログを見てワーホリのことを調べてくれるのは大変ありがたいのですが、ネットの情報が必ずしも正しいわけではありません

後で大きな損をするのは嫌ですよね、

「ワーホリのビザはどうやって取ればいいですか?」

「ワーホリの保険ってどうすればいいですか?」

「どうやって仕事を探せばいいですか?」

小さな悩みでもなんでもいいです、日本の留学センターに相談に行きましょう。

またできるだけ対面(またはスカイプ)での相談が望ましいです。

School Withではプロから無料で相談することもできます。

相談するだけなら無料だから行かないと損ですよ〜!

僕は1箇所だけでなく、色んな留学センターに聞きに周っていました(無料でw

 

現地の語学学校を探す

上記で紹介した留学センターに相談に行けば間違いないのですが、

現地で通う語学学校を探し始めることを推奨します。

職場やシェアハウス内で英語を勉強するのもちろん大切ですが、

職場の環境やシェハウスの国籍構成によっては左右されたりしますので

語学学校に通うことをおすすめします。

僕は最初の3ヶ月間、現在はもう閉校しちゃったのですがシドニーにあるAccess Language Centreに通っていました

語学学校に通うメリット↓↓

・滞在中にしっかりと英語を学ぶことができる

・学校を通じて国際色豊かな友達ができる

・ワーホリが多いので、情報共有もできる

語学学校に通うデメリット↓↓

・フィリピンの語学学校と比べると、格段に授業の質が低い。

・勉強!というよりは少しお遊び感がある

・ワーホリが多いので授業終わりに仕事に行く人が多くなりがちで、なかなか一緒に遊びに行けない

などが経験談です。

 

のんびりと語学学校に通うのも良いしバリバリ勉強するのも良いし、

まずは留学センターに聞きに行ってみてくださいね。

留学ワーキングホリデーサポート【Global Dive】

 

スポンサーリンク

次回記事のお知らせ

次にワーホリ1ヶ月前にやるべきことについてご紹介しています!

ここから一気に増えます。

やることは9

Tinderなどのマッチングアプリで友達探し

・現地到着後の宿探し

・レジュメ作成

・ビザの取得(オーストラリアの場合)

・現地語学学校の申し込み

・現地留学センターを探す

・ワーホリ保険の加入

・スーツケースの購入

simフリーの設定

経験者がおすすめする!ワーホリ出発1ヶ月前に準備すべきことこんにちはAkiです。 というお悩みにお答えします。 前回記事「ワーホリの出発3ヶ月前にやるべきこと」でご紹介した内...
スポンサーリンク
ABOUT ME
Aki
田舎好きの都会モノです。 大学を休学してワーキングホリデーに行ってました。今は銀座で頑張って社会人している。留学・ワーキングホリデーなどで知っているとちょっとおトクな体験談を語ります。ADHDな自分に悩みチュウ。