ワーキングホリデー

ワーホリ帰国後は仕事で英語をキープしよう【就職編】

 

ワーホリから帰国した後、どうやって英語を勉強しよう?

今回はこの悩みを解決します。

僕のワーホリ経歴

ワーキングホリデーを考えている方へ、akiblogこと私は在学中の就職活動で心が折れて大学を休学、フィリピンに短期留学オーストラリアのシドニーでワーキングホリデーに行きました。

皿洗い、キッチン、ウェイターの職業を日本食レストランで時給$11の下積みを経験した後にローカルジョブバーテンダーとして時給$32で働いていました。同時に現地Web会社の編集部でインターンシップもしていました。

帰国した後の就活では有難いことに評価され、今は東京で英語を使いながら社会人がんばっています。(IELTS6.0TOEIC850)という風変わりな経歴ですがお付き合いください。

もくじ

ワーホリから帰国すると英語力がガタ落ちします

【出会いで英語力をキープする】

・ゲストハウスでバイトする

・観光案内所でボランティアをする

・外資系に就職する

ワーホリから帰国すると英語力がガタ落ちします

みなさんはワーホリから帰国した後の英語をどうやって伸ばそうか考えていますか?

帰国直後は僕もそんなに英語力は衰えませんでしたが、

帰ってきてから2~3ヶ月経つと使わないのでガタ落ちしました💦

いつもは聞き取れた単語が分からなくなってる・・・

いつもはスラスラと言えたけど言えなくなってる・・・

当たり前です、英語の環境に身を置かなくなったからです。

こりゃやばい!と思ってから

僕はワーホリから帰国後も英語の環境に身を置くために色んな方法を試しました。

結論、ワーホリ帰国後も英語力をキープするには、できるだけ英語を使う環境に身を置くことです。科学的なコツとかありません。とにかく英語に触れる機会を作ることです。

そこで今回、色んなことに試した中でも、

僕がおすすめするワーホリ後に英語力をキープする方法についてご紹介します↓↓

実体験を含んでいるので皆さんにぜひオススメできます。

ワーホリ帰国後の英語を伸ばすためのオススメ方法まとめ【実践済み】 今回はこの悩みを解決します。 ワーホリから帰国すると英語力がガタ落ちします みなさんはワーホリから帰国した後の英語をどう...

スポンサーリンク

ゲストハウスでバイトする

いま日本(特に観光地)では多くの外国人の人で賑わっているのではないでしょうか?

訪日外国人(インバウンド)を日本にたくさん呼ぼう!と国が対策をしています。

2020年には年間で4000万人の外国人が日本に訪れることがわかっています。

外歩いてても外国人に英語で道聞かれることが多くなりましたよね

その宿泊先として挙げられるのが「ゲストハウス」です。

ゲストハウスとは・・・

ゲストハウスとは、アメニティサービスを極力省いた安価な素泊まりの宿で、海外ではバックパッカー(リュック1つで格安な宿を泊まりながら長期的に旅をする人)が利用する宿として知られています。長期間旅行する彼らは、過剰なサービスよりも最低限の設備で一泊あたりの単価が格安である宿泊施設の方が都合がよく、また、後述するゲストハウスならではの楽しみ方を彼らはよく知っているので、バックパッカー達はゲストハウスに泊まるのです。

引用:https://j-hoppers.com/guesthouse-jp.php

 

要は、宿泊者のほとんどが外国人なので、ゲストハウスで働けば英語環境に身を置けるわけです!

そしてゲストハウスで働くことでのオススメが↓↓

・ホテルとは違ってお客さんとの距離が近く、フランクな英語が話せて楽しい

・若い人が多いのでお客さんと友達になれたりする

 

めちゃくちゃ楽しいんです。

僕が働いていたゲストハウスでは仕事終わりに、仲良くなった宿泊しているお客さんと飲みに行ったりもしていましたね・・・!

楽しく英語を話すならゲストハウスがオススメです

求人サイトのタウンワークとかでは「ゲストハウス」とか「ホステル」とか調べるとヒットしますよ

タウンワーク 

 

観光案内ボランティアをする

観光案内のボランティアもオススメです。

主に道案内がメインで外国人の方に英語でご案内します。

これで道案内英語はマスターしていましたね

老若男女の幅広い世代の人とお話しすることができるし、

感謝されたときは非常にやりがいを感じれます

 

スポンサーリンク

外資系企業に就職する

外資系企業と聞いてグーグル、マイクロソフトなどをよく思い浮かべますが

外資系企業では文字通り海外の企業なので、外国の方が多く働いているケースがほとんどです。英語での会話が仕事のベースとなります。

外資系では給与・収入、労働時間・休暇制度ともに待遇が良いので多くの人が憧れる選択肢ですよね。

気になる外資系企業に働くために必要な英語力ですが

TOEIC800点以上

が目安とされています。

なので外資系企業で働くことは

・英語力をさらに上げる一つの方法として

・自分のキャリアアップとして

のメリットがあるので挑戦するだけでもアリかもしれません。

リクルート・エージェント

英語転職.com

登録はもちろん無料なので良いかもしれません。

今回は以上です。

ワーホリ帰国後は資格勉強で英語をキープしよう【資格編】 今回はこの悩みを解決します。 もくじ ワーホリから帰国すると英語力がガタ落ちします 【資格勉強で英語力をキ...
ワーホリ帰国後は出会いで英語をキープしよう【出会い編】 今回はこの悩みを解決します。 もくじ ワーホリから帰国すると英語力がガタ落ちします 【出会いで英語力をキー...
スポンサーリンク
ABOUT ME
Aki
Aki
田舎好きの都会モノです。 大学を休学してワーキングホリデーに行ってました。今は銀座で頑張って社会人している。留学・ワーキングホリデーなどで知っているとちょっとおトクな体験談を語ります。