モロッコ

モロッコでスリに気をつけて!彼らの手口とその対策【モロッコ】

こんにちはAkiです。

モロッコでスリに遭いました。

モロッコに行く人へ事前に伝わると嬉しいです。

この記事を読む時間がない方は以下のことを必ず守ってください。

・「旅に慣れる」が危険を呼ぶこと

・夜遅くを絶対出歩かないこと(たとえ一人じゃなくても)

・人通りの多い道は注意すること(避けること)

・ズボンなどのポケットには何も入れないこと

・財布や貴重品は上着の内側にまとえるポーチやカバンに入れること
(HOLDTUBEを強く推奨します)

 

事件発生場所

Derb Dabachiストリート(フナ広場の近く)

(Derb Dabachiと書いてあるところです。)

 

発生時間

日曜日の夜の23時でした。

Derb Dabachiストリートは両脇にお店が軒並み続いていて非常ににぎやかでした。

 

 

これまでの僕について

僕はいろんな国を旅してきました。

一人旅は危ないよと周囲が心配してくれますが、誰の言葉もまったく気にしませんでした。

自分の旅に自信がありましたし、

今まで危険な目にあったことがなかったからです。

 

「悪い人なんてこの世にいるのかな?いないんじゃね?」

 

僕の旅で経験上、

「この世界に悪い人なんていない」

とおもっていました。

 

そしてモロッコで最後の夜でした。

モロッコ最後の思い出に食べたいものを食べて飲みたいものを飲んでから、帰りのホテルまでふらふらと歩いていました。

 

Derb Dabachiというストリートを歩いていました。

そのとき事件は起こった

今晩、宿泊するリアドに帰る途中、ふらふらと歩いていました

すると

突然、誰かが後ろから僕の体の左側にぶつかってきました。

 

あっ、ぶつかってすみません🙂

男性A
男性A
おう😒

 

最初は全くこれがなんなのか分からなくて、びっくりしました

その瞬間、その瞬間ですよ。

僕の体の右側、ズボンの右ポケットに何者かの手が入っていました。

 

え、なんか右ポケットがムズムズする。誰かの手が入ってる。何でだろう?
え、何してんの?

男性B
男性B
あー悪い悪い!モロッコジョークだから!(スタスタと走って逃げながら)

あ、ぶつかっただけね、りょーかい!ごめんごめん!

笑顔で「モロッコジョーク」だと言われ、僕は頭が真っ白になる。

スリの犯行にあったのに何も悪いことをしていないような笑顔で返されたからでした。

彼らはスタスタと先に歩いていった・・・。

 

モロッコジョークってなんだ・・・?

(あれ、いまなにされた?明らかにやっぱおかしいよね)

「・・・。」

「スリじゃね!?!?!?」

 

そう、僕はスリに遭ったのだ。

途端に怒りがぐわーっと増してきた

 

「おい待てよ!」

 

男性AとB
男性AとB
おっと、やべえ逃げろ!

 

彼らは僕に気づいて、早歩きで先を歩いていく、

でもこの人だかり、たくさんの人が邪魔で追いつかない。

ポケットに何も取られてないかな、と急いで財布をチェック。

大丈夫、何も取られていなかった。

 

彼らのことは諦めた。

 

まず言語が通じないし、ここの国の人は基本的に観光客の僕たちを相手にしてくれない、モロッコ人はモロッコ人の味方なのだ。

相手が二人だから喧嘩になっても体格的にも負けるし、何かこれ以上されたらやばい、

ガタガタと恐怖で震えつつ、同時に怒りを抑えつつもリアドに向かって歩くことにした。

 

それからリアドに近づいたころ、

また彼らが前の方にいた。

目の前の二人を目で追うと、なんと驚き。

 

同じようなことを今度は観光客の白人老夫婦にしていた。

ぶつかる必要もないのに彼らはワザと目の前の老夫婦にぶつかって同じような手口をしていた。

 

・・・。

急いで白人夫婦のもとに。

だ、大丈夫でしたか?
老夫婦C
老夫婦C
びっくりした。大丈夫だったよ…。

以上のことがモロッコで起こりました。

警察に行こうかと考えたけど、モロッコの人たちの性格を考えると「ムダ」だと思ったからやめた。

何より、被害にはあってなかったから本当に良かった。

 

もうだいぶ前のことだけど、改めて書き起こすとまた腹が立ってきた。

旅をしていてはじめて裏切られた気分。

「自分には起こらない」と思っていたから起こったんでしょうね

改めて旅には楽しさと同時に、危険がすぐ近くにあることを覚えさせられました。

 

モロッコに行く人へ事前に伝わると嬉しいです。

この記事を読む時間がない方は以下のことを守ってください。

・「旅に慣れる」が危険を呼ぶこと

・夜遅くを絶対出歩かないこと(たとえ一人じゃなくても)

・人通りの多い道は注意すること(避けること)

・ズボンなどのポケットには何も入れないこと

・財布や貴重品は上着の内側にまとえるポーチやカバンに入れること
(HOLDTUBEを強く推奨します)

 

本当に気をつけてください、おねがいします。

 

スリ対策おすすめグッズ

これを読んでいただいている人に、どうか持っていてほしいアイテムがあります。

名前はHOLDTUBE

ペットボトルも入るくらい伸縮性があって、軽い。

財布とかスマートフォンなどの貴重品はこの中に、これを体に巻くことができます。

本来の用途としては音楽フェスとかで使われたりもしますが、スリ対策にもにもめちゃくちゃ効果を発揮します。

僕自身、現地でも重宝していました。

(さらに言うと、HOLDTUBEを体に巻いた後に、上からジャケットなどを着るのをオススメします)

 

読んでいただき、お疲れ様でした😌

また、海外でスマホを利用する時は気をつけてください!

海外で誤ってデータ通信をしてしまうと莫大な高額請求されます…。
(10万円近くも請求されるケースもあります…)

海外先では終始、機内モードに設定&Wi-Fiに接続してインターネットを利用してください。

推奨しているのがイモトのWiFi

イモトのWiFiなら、簡単・快適、しかも安い値段でWi-Fiが使うことができます。Wi-Fiの受け取りも空港でできるので楽チンでおすすめです。

 

あとはスマホのバッテリーが切れないようにモバイルバッテリーは用意しておきましょうね

 

まだ宿の予約がお済みでない方は【Booking.com】が個人的に推奨です。これは世界最大の宿泊予約サイトで、僕は旅行するときに毎回使っています。

会員登録(無料)を済ませないといけないのですが、タイムセールや紹介割引など、割引特典が幅広く規定の宿泊料金より大幅に安くで泊まれたり、めっちゃトクです。

 

 

 

 

マラケシュのホステルならリアドシジャネがおすすめです↓↓

マラケシュからサハラ砂漠ツアーに行くならリアドシジャネをおすすめ【モロッコ】前回の記事 ・モロッコへ旅行する前に知ってほしいこと【モロッコ】 ・モロッコでスリに気をつけて!彼らの手口とその対策【モロッコ】...

 

サハラ砂漠ツアーに参加したので全貌を公開します↓↓

僕が実際に参加した2泊3日サハラ砂漠ツアーの内容を公開【モロッコ】こんにちはAkiです。 先日、モロッコで2泊3日のサハラ砂漠ツアーに参加してきました!↓↓ ...

 

フェズからシャフシャウエンの行き方はコチラ↓↓

モロッコのフェズからシャフシャウエンの行き方【写真付き解説】こんにちはAkiです。 今回はモロッコのフェズからシャフシャウエンにいく方法をご紹介します! その前...

 

シャフシャウエンからマラケシュの帰り方はコチラ↓↓

過酷!シャフシャウエンからマラケシュの行き方【写真付きで解説】シャフシャウエンからマラケシュまでの帰り方をご紹介したいと思います【写真付きで解説】1、シャフシャウエンのバスターミナルへ行く. 2、チケットを買う. 3、荷物を預け、乗車する. 4、フェズで乗り換える. 5、マラケシュのバスターミナルで降りる....

 

 

スポンサーリンク
ABOUT ME
Aki
Aki
田舎好きの都会モノです。 大学を休学してワーキングホリデーに行ってました。今は銀座で頑張って社会人している。留学・ワーキングホリデーなどで知っているとちょっとおトクな体験談を語ります。