モロッコ

僕が実際に参加した2泊3日サハラ砂漠ツアーの内容【モロッコ】

こんにちは!

今回はモロッコで2泊3日のサハラ砂漠ツアーに参加したので

サハラ砂漠ツアーの全貌をご紹介したいと思います(* ̄ω ̄)ノ

この記事を参考にサハラ砂漠のツアーがどのように行われているのか知っていただけると嬉しいです😊

もくじ

サハラ砂漠ツアーに参加する方法

サハラ砂漠ツアー2泊3日の全貌を公開!

予備情報

スポンサーリンク

サハラツアーに参加する方法

そもそも、どうやってサハラ砂漠のツアーに参加するのでしょうか?

方法をいくつか挙げますね↓↓

・日本からインターネットでツアー会社に申し込む

・現地の旅行会社に申し込む

・滞在先(マラケシュ)のリアドで申し込む

(リアドとは:https://www.sugesawa.com/morocco-riad.html

滞在先のリアドでサハラ砂漠ツアーを申し込みが一番オススメです

他の2つはあまりオススメしません。なぜなら・・・

・日本からインターネットでツアー会社に申し込む
現地で申し込むより高い&ツアーの様子がインターネットだけじゃ分からない

・現地の旅行会社に申し込む
日本人だと分かると直ぐぼったくりをしてくる&旅行業登録許可証(ライセンス)を 持っていない個人がツアーを催行する違法なツアーがほとんどだからです。

・「砂漠ツアーに参加したい」という旨をリアドのスタッフに伝えれば手配してくれます。

・ツアー参加希望日の2〜3日前に伝えるのがベターです。リアドにチェックインしたらすぐにお願いしておこう。

それかチェックイン2〜3日前にメール等で伝えるのもアリです。ツアーはほぼ毎日行われているので、ツアーが不催行という場合はほとんどない。

ちなみにツアー費用(宿泊、ラクダ乗り、朝ごはん、晩ごはん込み)は

約80〜90ユーロ

でした!値段の割にかなり充実していておトクに感じました。

 

サハラ砂漠ツアー2泊3日の全貌を公開!

(※この先、長くなります!)

1日目:朝5時。自分が滞在するリアドに早朝から車が迎えにきます。
さらにドライバーがいくつかのリアドを巡ってツアー申込者をピックアップしていきます。

  その後はアトラス山脈をひたすら越え、名もなき道をひたすら進む。
酔い止めは必須です

お昼前にワルザザードに入り、アイトバンヘッドゥの集落を観光する。
迫力のある岩肌のベージュ色がとても美しい。世界遺産にも登録されていて
映画の撮影シーンでよく使われている有名な場所です。

絨毯のガイドもありました

  お昼ご飯(※お昼ご飯はツアー料金に含まれません。自腹です。)

モンキーズフィンガーを観光
でこぼこした岩が特徴的。

 ホテルに到着&晩ごはん(夜は冷え込むので防寒着が必須です)

2日目:ホテルで朝ごはん

トドラ渓谷を観光。切り立った岩壁が立ちはだかる。
ロッククライミングとしてもかなり有名な場所で、世界中から練習に来るらしい。
巨人が本当にいたのかもしれない、と思わせられる不思議な絶景。

レストランでお昼ご飯(※お昼ご飯はツアー料金に含まれません。自腹です。)

ひたすら移動

サハラ砂漠の入り口メルズーガに到着。ラクダに乗って砂漠の奥にあるキャンプ地を目指す
ラクダたちが待機していてかわいかった。


日照りが強いのでサングラスは必須。
みんなで一列をなして歩く姿はまさにキャラバン!
傾いている太陽の光が砂漠に映る僕たちの影が神秘的でした✨

1時間30分ほどラクダに乗る。股が痛くなるけどがまん。

(このときに見た夕日がとても美しかったなあ)

キャンプ地へ到着&晩御飯
だだっ広い砂漠の中にポツンとキャンプがありました。

晩ごはんを食べます。砂漠の寒さを乗り越えるために、たくさん食べよう!
食後はみんなでキャンプファイヤーを楽しみます。
モロッコの民族楽器と彼らの歌に酔いしれる。。。
(当然、風呂もシャワーもありません。がまんしてね)

街の光も何も無い真っ暗な砂漠でみた満点の星空。この美しさは息も止まりました

3日目:アラームをセットして、夜明け前に起床しましょう!
世界で一番美しい朝日をみた(ほんとうに涙がでました)

4WDの車内&車の上に乗って来た道を一気に戻る。めちゃくちゃ楽しかった。

メルズーガに戻り朝ごはんを食べる  

車で9時間かけて一気にマラケシュに戻る
※メルズーガからフェズ行きのタクシーもお願いすれば手配してくれます

3日目の朝でキャンプ地からメルズーガまで帰る方法は

・ラクダに乗って帰るか

・100mdhを払って車(4WD)で帰るか

です。

ラクダだと時間もかかるため出発はかなり早く、夜明け前に出発します。

オススメは朝日が昇るのをじっくり見てから→車で一気に帰ることです。

※ツアー中にラクダか車、どっちで帰るか聞かれます。 

予備情報

・サハラ砂漠への道中では、ちょー田舎なのでATMなどはなかなかありません。

どこも現金払いがほとんどでクレジット払いできるとこはありません。

3日分を想定した金額は紙幣で持っていきましょう!

・盗難防止のために財布だけでなくカバン等にお金を小分けにしましょう。

けっこー大金になると思うので気をつけてね!

・2日目のラクダに乗るときに不要な荷物は車内に置いていくことができます。貴重品など必要な物は必ずラクダと一緒に持って行ってください。

また、2日目のラクダたちがいる場所に到着後、夕日を観るためにラクダに乗ってすぐサハラ砂漠へ出発になるため、荷物の整理が難しいです。

故に1日目夜のホテルで事前にキャンプ地へ持ってく(or持っていかない)荷物を整理した方が絶対いいです。

(僕はラクダに乗る場所へ着いてすぐラクダに乗せられたので忘れ物をたくさんありました・・・)

(ナップサックとかあると良かったですね)

砂漠ツアーであると良い持ち物リスト:

・サングラス/帽子(日よけ)

・夜でも羽織れる上着/ヒートテック上下/ネックウォーマー(寒いから)

・懐中電灯(夜は真っ暗だから)

・水(砂漠ではコンビニもないので2ℓほど)

・トイレットペーパー(トイレ用)

・ウェットシート(砂がたんまり付くのであると便利)

・軽食(お腹空いた時に)

・モバイルバッテリー(砂漠の中でもインターネットが繋がります)

・カメラ(思い出に)

・酔い止め薬(長時間の車移動なので)

・ナップサック(砂漠用のカバン)

砂漠で満点の星空はぜひ、ちゃんとしたカメラで撮っておきたいところ。

オリンパスのOM-D E-M1 MarkⅡなら小型で軽く、旅に持ち運びしやすい。

しかも防塵防滴なのでピッタリです。

 

他にも防塵防滴のカメラならソニーのα6300もおすすめです

 

いかがでしたでしょうか?

 

「サハラ砂漠ツアーって、実際にどこでどんなことをするの?」と気になられる方も多かったのではないでしょうか。サハラ砂漠でラクダに乗ったり、満点の星空の下でキャンプファイヤーして、世界で一番美しい朝日をみたり。本当に充実したツアーでした。

 

スポンサーリンク

おすすめリアド(おまけ)

砂漠ツアーを参加するためにの方法としてマラケシュの「リアド」でツアーを手配するのがおすすめです。

そんな砂漠ツアーに参加できるマラケシュのリアドを価格別でご紹介✨

入念調べて、どれも評価の高いものだけをピックアップしました↓↓

◎一泊2000円代で泊まれるリアド

リヤド ダール マラケシュ スパ

リアド セカラム

◎一泊4000円代で泊まれるリアド

リアド ダール ティフレ

ダル マラク ホテル

リヤド フッシュア

◎一泊6000円代で泊まれるリアド

リヤド アル ジャナ

リヤド ダヴィア

ロダモン リヤド マラケシュ

◎一泊8000円代で泊まれるリアド

リヤド シーザー

リヤド ソウミア

◎一泊10000円代で泊まれるリアド(もうまるでアラジンの世界✨)

リヤド コクーン

Dar El Mudal – Adults Only

ダール ハナネ

リヤド マグダ スパ

リヤド ダール イェマ

 

 

マラケシュ空港から市内(フナ広場)へ行き方帰り方はコチラから↓↓

マラケシュ空港と市内(フナ広場)の行き方【おトクな情報あり】モロッコのマラケシュ空港と市内(フナ広場)の行き方を写真付きでご説明したいと思います!現地人から聞いた安くで乗れる【おトクな情報】も記載しています!...

 

フェズからシャフシャウエンの行き方はコチラから↓↓

フェズからシャフシャウエンの行き方【モロッコ】 もくじ 1、フェズってどんなとこ 2、シャフシャウエンってどんなとこ 3、フェズのバスターミナルへ行く 4、チケットを買う ...

 

シャフシャウエンからマラケシュの帰り方はコチラ↓↓

シャフシャウエンからマラケシュの行き方【写真付きで解説】シャフシャウエンからマラケシュまでの帰り方をご紹介したいと思います【写真付きで解説】1、シャフシャウエンのバスターミナルへ行く. 2、チケットを買う. 3、荷物を預け、乗車する. 4、フェズで乗り換える. 5、マラケシュのバスターミナルで降りる....

 

〜スリ対策おすすめグッズ〜

モロッコではスリが頻発しています。僕も財布を取られかけました↓↓

モロッコでスリに気をつけて!彼らの手口とその対策【モロッコ】モロッコでスリに遭いました。 モロッコに行く人へ事前に伝わると嬉しいです。 この記事を読む時間がない方は以下のことを守ってください。...

財布とかスマートフォンなどの貴重品はこの中に入れて、

これを体に巻いて、その上からジャケットなどの上着をきるのをオススメします。

 

 

スポンサーリンク
ABOUT ME
Aki
Aki
田舎好きの都会モノです。 大学を休学してワーキングホリデーに行ってました。今は銀座で頑張って社会人している。留学・ワーキングホリデーなどで知っているとちょっとおトクな体験談を語ります。