ベトナム

サパの少数民族とホームステイをする方法【ベトナム】

こんにちはAkiです。

ベトナムと言えばハノイ、ホーチミンなどが挙がりますが

ベトナム北部にはサパという場所もあります。

そこは標高1600mの高さもある山岳地帯で、夏は涼しくフランス統治の時代には避暑地としても有名でした。

特に有名なのが山全体に広がる棚田が美しいこと&その地で暮らす少数民族の美しさ。

暮らしているのはカラフル服装をまとった少数民族がサパには住んでいます。

黒モン族、ザイ族赤ザオ族花モン族赤モン族の人たちが暮らしています。

 

どうやら、サパについてガイドブックなどで調べてみると彼らの家にホームステイができるらしい

これは行くしかない!!とおもい航空券をさっそく購入し、ベトナムのサパに向かいました。

 

今回はベトナムのサパで少数民族とホームステイをする方法について説明したいと思います!

 

ハノイからサパの行き方について写真付きでご紹介しています↓↓

ハノイからサパへ行き方&帰り方を写真付きで紹介【ベトナム】ハノイからサパに行く中で一番有名なバス会社「サパエクスプレス」の利用方法を写真付きで分かりやすく紹介します。まずはSapa Expressのオフィスに行きます。地図はコチラ↓↓スタッフは英語が話せる方がほとんどで...

ホームステイの探し方

◎ホテル予約サイト
・メリットデメリット

◎直接交渉(僕はこの方法でホームステイしました)
・メリットデメリット

◎実際に僕が泊まっていた場所と値段

 

◎ホテル予約サイト


(参考:Booking.comにて)

ホテル予約サイトで宿名に「homestay」と書かれているのがホームステイできる宿になります。

サパの中心地から少し離れているのもホームステイできる宿として一つの目印でしょうか。

【Booking.com】が個人的に推奨です。これは世界最大の宿泊予約サイトで、僕は旅行するときに毎回使っています。

会員登録(無料)を済ませないといけないのですが、タイムセールや紹介割引など、割引特典が幅広く規定の宿泊料金より大幅に安くで泊まれたり、めっちゃトクです。

 

 

 

予約サイトのメリット

1.手軽
事前に宿を予約できるのでこれ以上手軽なことはありません。

着いて、その場所に向かうだけ☺️

 

2.値段が事前にわかる
もちろんですが予約サイトには予約時に宿泊代が表記されていることが安心です。

直接交渉だと値段もその場で交渉なので”ぼったくられる”場合もあります。

 

3.レビューが読める
これはかなり重要です

過去に宿泊したユーザーのレビュー(感想)が読めるので、宿泊先がどのような雰囲気なのか分かります。

それをもって宿の比較ができますよね😌

 

 

予約サイトのデメリット

1.現地にたどりつくのが難しい
サパはかなり広いです。中心地から彼らの住む少数民族の村まで歩いて2~4時間ぐらい。交通の便も悪いので基本的にバイクでの移動になります。
近くにも村はありましたが「ザ・観光地」って感じで外国人ばかりです。せっかくなら少し離れた場所の方が彼らの生活を肌で感じることができるでしょう。

 

2.どの少数民族かわからない
予約サイトにもよりますが、宿泊先が何の民族なのか分からない場合があります。どの民族なのか書いてある場合もありますが。。。
地球の歩き方をみれば 地域によってどの少数民族が住んでいるのか分かります。ご自身が泊まる場所はどの少数民族のエリアに入っているか、確認しておくのもアリです。

 

◎直接交渉

次に直接交渉のやり方について説明します。

僕は予約サイトを介さず直接現地の人と話して交渉しました

方法としては

サパの中心地、特にバス停から降りてすぐにカラフルな民族衣装をまとった方々がいます

その人たちが色々とお世話してくれるガイドの人だと思ってください

彼女らと直接交渉をします

言ってみれば「飛び込み」ですよね。

もしホームステイ先がその日に見つからなかったら…と不安な部分もありますが、そのときはbooking.comやAgodaなどの予約サイトで当日空いている宿をすぐに確保すればいいだけの話です

なので僕は直接交渉の方法がオススメです。

 

直接交渉のメリット

1.直接交渉なのでその人たちの人となりが分かる
ホームステイなのでその人と密に過ごすわけですから、、人となりを知ることは大事ですね

 

2.値段交渉ができる
予約サイトではこんなことはできません!

 

 

直接交渉のデメリット

1.ぼったくりがあるかもしれない。
やっぱり僕たちは観光客なので現地の人と比べると少し割増で請求されるのはご理解いただいた方がいいと思います。
(少数民族とのホームステイは一生ものの経験なのでそこは気前よくいきましょう!)
でも値段が言い値なので逆に値段交渉して安くできるかもしれません。
それはあなたの腕次第😏

 

とくに僕が読んでいる読者の方に強く伝えたいポイントです↓

相手(ガイドの人)が英語が話せるかどうか、が大切です。

さっきの写真でバス停で待っていた人たち=あなたのガイド人だと思ってもらってください。

基本的に滞在するすべての日はガイドの人と密に暮らすものだと思ってください。朝ごはんから晩ごはん、山岳ツアーの内容や民族の風習やくらしまで教えてくれます。

なのでいかに彼女と意思疎通ができるか、とても大切です。

ちなみに僕を案内してくれていたガイドさん、とってもとってもいい人だったのですが英語がイマイチでした。。。

後から聞くと学校に通ったこともなく、英語の一人称はすべて「Me(ミー)」でした。

 

スポンサーリンク

実際に僕が泊まっていた場所と値段

では最後に気になる

僕が泊まっていた場所と滞在期間、費用についてご紹介します↓↓

(宿名までは教えられませんがご了承ください💦)

 

滞在日数は4泊!

★★★★☆(滞在日数の満足感は星4つ)

日数としては十分でした😄
時間がある人は泊か4泊がオススメです。
1週間は。。。流石に長すぎますね😂

 

場所(ロケーション)

★★☆☆☆(便利さは星2つ)

ちょっと街から遠すぎましたね、、、
歩いて3~4時間ほどかかるらしいので毎回バイクに乗っていました

 

費用

★★★★☆(費用の満足感は星4つ)
かかった費用の内訳はコチラ↓↓

・ホームステイ一泊 200,000ベトナムドン(約500円)

(朝ごはん、晩ごはん込、wifiあり)

安くてよかったです!ただご飯の味が薄すぎましたかね。笑
実際に僕も手伝わせていただきました↓↓

 

・トレッキングツアー 200,000ベトナムドン(約500円)

6時間ぐらい1日中、サパを案内していただきました。
ご飯付き一泊の料金と同じだったから少し高いのかな~😅

 

・サパ中心地から宿までのバイク 50,000ベトナムドン(約250円)

ちょっと高いかも?でも歩くのは大変なので仕方ないです。

 

 

いかがでしょう?

特にそんなに値段は高くもないですし、良いですよね。

もしベトナムに行かれる機会があればぜひサパの少数民族とホームステイをしてみてはいかがでしょうか?

 

また、海外でスマホを利用する時は気をつけてください!

海外で誤ってデータ通信をしてしまうと莫大な高額請求されます…。
(10万円近くも請求されるケースもあります…)

海外先では終始、機内モードに設定&Wi-Fiに接続してインターネットを利用してください。

推奨しているのがイモトのWiFi

イモトのWiFiなら、簡単・快適、しかも安い値段でWi-Fiが使うことができます。Wi-Fiの受け取りも空港でできるので楽チンでおすすめです。

 

 

あとはスマホのバッテリーが切れないようにモバイルバッテリーは用意しておきましょうね

 

ベトナムのハノイでおトクな両替所を見つけ出しました↓↓

必見!ハノイの両替所のオススメ場所【ベトナム】ハノイには両替所がたくさん。今回は僕が歩きに歩きまわって探した一番高レートな両替所をご紹介します。どうやらベトナムでは両替所として表記は無く、「貴金属店」で両替をする豆情報もアリ。...

 

ベトナムのハノイで激安マッサージを受けました(健全なお店です)↓↓

美人?ハノイの格安マッサージ店の内容は?【ベトナム】ベトナムのハノイを旅していました。疲れた旅を癒すご褒美として、ハノイのマッサージにいくことに。 ... か、かわいい! 若くてかわいい系の方でした。ヤ・・・ヤバイッッ!!キモチイイ!!...

 

ベトナムのハノイでサソリ(昆虫食)を食べてみました・・・。↓↓

ベトナムでサソリを食べてみる【昆虫食】【ハノイ】こんにちはAkiです。 サソリを食べてみたかった。 特に僕の星座がさそり座なのでサソリを食べてみたかった。 どうやらベトナ...

 

ベトナムのコンセントってどんな形のものなんでしょう?確かめてみました↓↓

ベトナムのコンセントは日本と同じ?確かめに行ってみる【ベトナム】ベトナムのコンセントのプラグは何タイプなのか?だいたいは日本のAタイプが使えるものがほとんど。ベトナムの電圧のほとんどが220Vだ。まれに110Vもあるので利用する電化製品の定格電圧が上記の範囲に含まれているかチェック要だ。...

 

 

スポンサーリンク
ABOUT ME
Aki
Aki
田舎好きの都会モノです。 大学を休学してワーキングホリデーに行ってました。今は銀座で頑張って社会人している。留学・ワーキングホリデーなどで知っているとちょっとおトクな体験談を語ります。