写真

普段の日常を愛おしくするカメラ「写ルンです」の特徴と作例を紹介!

こんにちはAkiです。

写ルンですってどんなカメラなの?

今回はこんな悩みにおこたえします。

 

僕はフィルムカメラが大好きで、写真を撮るときはもっぱらフィルムを使います。

デジタルカメラはもう長いこと使っていません…。

たくさんフィルムカメラを使ってきましたが、その中でも「写ルンです」は外せません。

 

僕が写ルンですを大好きな理由は「普段の日常を愛おしくさせる」からです。

自分の住む街や、好きな場所、好きな人との何気ない瞬間、

どの瞬間を切り取ってもキュートで味のある写真になります。

 

今回は写ルンですの特徴を紹介しつつ、

現像してきた作例も紹介できればと思います。

もくじ

写ルンですとは

写ルンですをおすすめする理由

写ルンですの価格

写ルンですの使い方

写ルンですで撮影した写真

写ルンです撮り方のおすすめ

写ルンですで有名な写真家

写ルンですとは

富士フイルムが1986年より販売開始したレンズ付きフィルム。

27枚撮りの使い捨てカメラです。

おそらく見かけたことがある人や

ひと昔前に使っていた人もいるのではないでしょうか。

発売当初では当たり前のように使われていた「写ルンです」ですが、スマートフォンやデジタルカメラが使われていくなかで、使う人も減ってきてはいます…

ですが近年にふたたび「写ルンです」の魅力に火がついて、かなりブームになっています!

特にフィルムカメラの世代ではなかった10代~20代の女性に使われている気がします

なぜそんなに写ルンですが大ブームになっているのか、

明日からでも始められる「写ルンです」の魅力を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

写ルンですをおすすめする理由

ここで僕が写ルンですをおすすめする理由をご紹介します。

小さくて軽い

写ルンです一番のポイントとして「小さくて軽い」ことです。

手のひらにおさまります。

重さも90gほどなので、まったく重量を感じません。笑

カバンのポケットに入れていつでも持ち歩きたくなります。

ちょっとじゃ壊れないタフさ

写ルンですはかなーり丈夫です。

自転車から落としたこともありますし、おもいっきりコンクリートにぶつけたこともありがしたが、ちょっと乱暴に扱ったくらいでは壊れないので

旅先に持っていくにはピッタリの相棒ですね。

映えるフラッシュ付き

写ルンですにはフラッシュが付いています。

このフラッシュがかなり優秀。

フラッシュを使えば暗くても撮ることができます

フラッシュを使うことによって、発色がかなり鮮やかに写ります。

10代~20代に人気の理由の一つではないでしょうか。

フィルム交換のない手軽さ

写ルンですは使い捨てカメラなので、

好きなだけ撮った後はカメラ屋さんに持っていくだけ。

後は現像されるまで待つだけでいいのです。

撮るたびにフィルムを交換する手間が省けます。

写ルンですの価格

写ルンですは税込価格で1,375円です。

実はAmazonの方が安いんですよ

スポンサーリンク

写ルンですの使い方

写ルンですの使い方はとても簡単。

①巻き上げて

②シャッターを切る

これだけです!

またフラッシュを使いたい場合は撮る前にスイッチを入れて10秒くらい待ちましょう。

赤いランプがつき始めたらフラッシュの準備OKです。

アイコン背面にも説明が書いてあるので安心設計ですね。

写ルンですで撮影した写真

写ルンですで実際に撮影した写真をご紹介したいと思います↓↓

海外のモロッコで撮りました!光と陰の明暗がお気に入りです。ちょっとボヤけた感じも素敵です。

 

そうそう、写ルンですってかなり広角に撮れるのですっごくワイドに写ります。

 

大学生の頃。笑

フラッシュを使えば暗いところでも撮影可能です。

 

フラッシュを使わないとこんな感じに(^_^;)

 

二匹の鳥が楽しそうに飛んでいました。空のグラデーションと粒子がすごくお気に入りです。

 

写ルンですは手軽に撮れるカメラだからこそ、身近な人を撮るのがいいかもしれません。

 

写ルンですのフラッシュは本当にエモいですね。笑

いかがでしたでしょうか?

スマートフォンと違って、わざと粗くしたような粒子感とか

発色の良さがキュートでたまりません。

旅先でももちろんですが、普段の日常をも愛おしく感じられます。

写ルンです撮り方のおすすめ

写ルンですのヘビーユーザーでもある僕の撮り方おすすめについてご説明させてください。

①まず、失敗して撮り損じがないようにしっかり構えて撮りましょう。

・ワキをしっかりしめて、カメラがブレないようにする

・暗い場所での撮影は控える
→フラッシュを積極的に使おう

ようにしましょう。

現像したときにブレブレの写真だったり、何も写っていない真っ暗な写真だと悲しいですよね。

 

②ピンボケもそれでよし!グッと近づいて撮りましょう。

写ルンですでよく失敗するのが

「撮りたいもの(対象物)が遠すぎる」ことです。

対象物にグッとカメラを伸ばして撮ってみてください。

広角レンズなので迫力のある写真が撮れますよ!

スポンサーリンク

写ルンですで有名な写真家

写ルンですの写真をもっとみたい!

という人におすすめな写真家が「奥山由之」さんです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yoshiyuki Okuyama|奥山由之(@yoshiyukiokuyama)がシェアした投稿

奥山由之さんは写ルンですを使って撮影をされていたり、面白いですよね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yoshiyuki Okuyama|奥山由之(@yoshiyukiokuyama)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yoshiyuki Okuyama|奥山由之(@yoshiyukiokuyama)がシェアした投稿

JRの広告からファッション、アーティストの撮影、MVまで幅広く活躍されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yoshiyuki Okuyama|奥山由之(@yoshiyukiokuyama)がシェアした投稿

どれも独特で一瞬で引き込まれるような魅力的な写真ばかりです。

 

いかがでしたでしょうか。

写ルンですを知っていた人も、知らなかった人も

いつでも始められる手軽なフィルムカメラだということが分かりました。

 

写ルンですで何を撮りたいですか?

撮りたいものを好きなだけ、撮りましょう。

今回は以上です。

 

Kodak Portra400の特徴とは?現像した作例を紹介!こんにちはAkiです。 今回はこんな悩みにおこたえします。 僕はフィルムカメラが大好きで、写真を撮るときはもっぱらフィルムを使い...
スポンサーリンク
ABOUT ME
Aki
Aki
田舎好きの都会モノです。 大学を休学してワーキングホリデーに行ってました。今は銀座で頑張って社会人している。留学・ワーキングホリデーなどで知っているとちょっとおトクな体験談を語ります。